スマホ決済サービス「メルペイ」が本格始動

節約・マネー

スマホ決済元年いっても過言ではないほど急速にサービスが増えてますね。

2019年2月20日 に開催された事業戦略発表会「MERPAY CONFERENCE 2019」、メルカリ子会社である「メルペイ」もスマホ決済のサービスに向けて本格的に動き出しました。

「メルペイ」とは?

「メルペイ」は、フリマアプリ「メルカリ」だけでなく、加盟店で利用できるスマホ決済サービス 。月間400億円の流通額、1200万人のアクティブユーザーを強みにサービスを展開していく予定です。

「メルペイ」の強みは

Apple Payの仕組みを使った「iD」ブランドでの決済が可能な点

他社のスマホ決済サービスがQRコード決済が主流なのに対し、「メルペイ」はドコモの非接触型決済「iD」でも提供をしている事が特徴です。

QRコード決済はアプリを立ち上げて、コードを表示し、店員がリーダーでスキャン、という手間がかかるのですが、「iD」だとApple Pay対応端末にタッチするだけなので利便性が高いです。

また、「メルペイ」は2019年3月中旬より店舗側でも導入しやすいQRコード決済にも対応予定としています。

サービス開始直後から加盟店が多い点

「メルペイ」で使用可能な店舗(プレスリリースより)

「メルペイ」の特徴として既存のパートナーとの提携があります。「iD」の場合、サービス開始直後から全国約90万カ所で使用可能です。

また、QRコード決済においては全国約45万カ所で使用可能となる予定です。

非接触型決済「iD」 とQRコード決済、合わせて135万カ所ですが、年内には200万カ所まで拡大する予定だとか。

メルカリでの売り上げがそのまま使える

他社のQRコード決済と大きく違う点は、ユーザがすでに「メルカリ」での売り上げを使える状態にあるという点。最大年間5,000億円の減資が決済に使われる可能性があるので大きなアドバンテージといえるでしょう。

さいごに

今のところ「メルペイ」は競合のようなど派手なポイント還元はやらないように思います。

今後ユーザがメルカリで得たポイントをメルカリで消費せずに、店舗への支払に使うようになると、メルカリでものが売れにくくなるといった懸念があります。そのあたりをどう考えているのか今後も注視していきたいと思います。

コメント